「未分類」カテゴリーアーカイブ

アダマからのメッセージ!「これは宇宙の法則です。」by ダイアン・ロビンス

アダマからのメッセージ!p225 p226 P227より抜粋編

☆太文字は、わたしが、太文字にしたものです。

 

『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス著の第7章 「光の地底都市テロスの高僧アダマからのメッセージ」のp225-227からの一部抜粋です。

 

 「この時期に私たちが再び姿を現わす目的は、創造主が私たちのために用意しておいた輝かしい計画と神の栄光に対して、すべての人々を目覚めさせることにあります。」

(略)

 「海洋陸地インナーアース地底都市のどこで暮らしていても、私たちは皆、同胞です。」

私たちはみな同じところから生まれ、同じ空気を吸い、同じ夢を見ます。」

 「あなた方は、自らが思い描く夢と想念によって、自己の現実を変えることができます。」

「なぜなら、それこそが、あなた方が未来を創り出すからです。」

「ですから、崇高な美と純粋なハートを持った光の存在だけが住む、愛と光で輝く地球の夢を見続けて下さい。」

(略)

 「特に夜寝る前の想念は自己の現実に投影されますから、各々の想念を光で包み込んで、やってくる日々を夢見て、横になることです。」

 「あなたの夢をできるだけ大きく膨らませて下さい。」

 「無限の宇宙においてはすべてが可能で、壮大な考えだけが純粋な光へと達っします。

(略)

 「大切なのは、十分に自己の想念をコントロールできて、自分の意思の純粋さも十分に認識している威厳ある存在と自分をみなすことです。」

(略)

 「私たちは己の想念に注意深く意識を向けて、それが純粋な光と愛に溢れている時にだけ放出されるように管理しています。」

「このようにして、愛と光だけが、自分で生み出した状態で私たちのところに戻ってきます。」

 「これは宇宙の法則です。」

 「そろそろ神の元へと戻り、永遠なる宇宙の法則に再び慣れる時にきています。」

「なぜなら、この法則は全生命の一部であり、あなた方は生来それを知っているからです。」

 「意識のスケールを拡大させると、あなた方はそのことに気付くようになり、どうしてそれを忘れてしまっていたのか、不思議に思うようになることでしょう。」

 「私は、同胞であるあなた方が神の法則へと戻るのを促すために、ここにいます。」

 

2017年8月、超久々にテロスのアダマのことを思い出しながら、朝、目覚めました。

そのことをきっかけに、ずっとしまいこんであったインナーアースやホローアース、テロスの本などを取り出してきてパラパラ眺めていると、なかなか、すばらしいメッセージに出会い、その中から抜粋して、ご紹介したくなりました。

今回の本は、日本におけるこうした関連の3冊目の『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス著より

 

アダマに心からの感謝の気持ちを伝えたいと思います♪

えっ?こんなに自己実現の秘伝を大判振る舞いしてくれていたなんて!!!という感じです。

まさに、リアリティークリエイションの極意!のオンパレード!

 

今回、ここで伝えられていた〈宇宙の法則〉をわたしなりの言葉で表現してみると、こんな感じです。

  • 自分自身が心から思い描く夢と想念や思考こそが、自己実現のポイント!
  • 純粋なハートを持った光の存在が住んでいる愛と光で輝く地球の夢を掲げましょう。
  • わたしもいつも大切にしていることがここでも登場していました。
    それは、夜、寝る前の大切さについて。
    わたしたち自身の思いを光で包んで、未来の輝ける時を夢見て休みましょう♪
  • 夢をどんどん、大きくふくらませてね♪
    これは、2017年夏の大いなる可能性の扉が開いた今、とっても大切なことかもしれません。

    そうです。
    現状をありのまま眺めることはそれはそれで大切ですが、それと同時に、必ず、大いなる夢を意図することが大切です。

  • 無限の宇宙においては、すべてが可能!!!だということのことは、まさに、今、この時期にぴったりの贈り物♪

    そのポイントは、純粋な光!!!なのです。

  • 自分自身の抱く想い&思考に対して注意深くあること!
    なぜなら、それらが、やがては、ふたたび自分のところにもどってくるのですものね。
    それゆえに、アダマたちは、純粋な光と愛に溢れている時にだけ想念を放出しているとのこと。
    これは、地上の表面に存在しているわたしたち人間が学ぶ必要のあることのようにも思います。

 

「海洋、陸地、インナーアース、地底都市のどこで暮らしていても、私たちは皆、同胞です。」

 

ここで、アダマは、「私たちはみな同じところから生まれ、同じ空気を吸い、同じ夢を見ます。」と語っています。

” 海洋、陸地、インナーアース、地底都市のどこで暮らしていても” という表現は、ちょっとまか不思議に感じられた方がいらっしゃるかもしれません。

もう少し光をあててみたいと思います。

 

  • 著者のダイアン・ロビンスは、シテージアンという海の哺乳類さんたちからのメッセージも受信して本を書いています。

    イルカさんたちや鯨さんたちは、海の哺乳類で、高度に進化したわたしたちの宇宙的な友人たちでもあるのです。

  • 陸地に存在しているのが、まさに今、わたしたち地上のクルーたち。
    それから、樹木さんをはじめとする植物さんたちもそうですし、クリスタルさんたちも、また、動物たちも。

    そして、なんと、樹木さんたちにいたっては、わたしたち以上に、すばらしい能力を携えているのです。

    それについては、またいつか光をあててみたいと思います。

  • インナーアース

    ここが今回、わたしが、興味しんしんの箇所でもあり、これによって、かつての本を総ざらいする必要性を感じ始めて、今日に至りました。

    もう少し、じっくり探求してみたいと思います。

    20170826の今日の時点では、光の諸都市全体をざっくりまとめて語りたい際に使われるのではないかと思います。

    先日、感じたのは、厳密にいうと、テロスは、地底都市に分類されるのかもしれないのですが、テロスのアダマは、テロスのみならず、光の諸都市全体としての立場もあるので、そのような大きな観点に立って語る際には、インナーアースと表現することもあるのでしょう。

  • 地底都市

    ここでの原文がどのように表現されているかわからないのですが、アダマのテロスについての説明によれば、” Subterranean City beneath  Mt.Shasta California “(カリフォルニアのシャスタ山の下にある地下の都市 )という表現が登場します。

    そして、アダマのいるTELOS以外にも、いくつもの地底都市があります。

    そうそう、テロスは、レムリアの末裔ですが、他にアトランティスの末裔のPOSID地底都市もあります。

    かつて、何かのチャネリングメッセージを彼に読んでもらっていたところ、わたしたちが、夜、ナイトワークに参加することのあるインナープレーンでのクラスの中で、TELOSは、人気があるのだけれど、POSIDにも、ぜひ、どうぞ!というテーマが語られていたことがあったのをふっと思い出しました。

    大天使マイケルをチャネリングしているロナ・ハーマンによると、日本人は、レムリアもアトランティスも、それら両方の記憶を持っていると語っていたように思います。

    このあたりを探求し始めると果てしない旅が続きます。。。

 

関連ページ

アダマからのメッセージ♪「テレパシーは無料です」by ダイアン・ロビンス 

☆太文字は、わたしが、太文字にしたものです。

 

『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス著の第7章 「光の地底都市テロスの高僧アダマからのメッセージ」のp223-224からの一部抜粋です。

 

☆太文字は、わたしが、太文字にしたものです。

 

アダマからのメッセージ!p223 p224より抜粋編

 

「地上にいるあなた方と地下のわたしたちの想念は地球の〈光の電磁グリッド〉

ーそこで光が共振帯域を振動させて双方に到達するーを介して繋がっています。」

「これはとてもシンプルなプロセスです。」

「どんな形態であろうがすべてがエネルギーであり、光です。」

(略)

「テレパシーは無料です。」

「これは地上でも地下でも利用できる、最も自由な通信サービスです。」

「このサービスを利用して、いつでもわたしたちに語りかけてください。」

「私たちは常に地球の光のグリッドに留まっているので、昼夜を問わず、いつでもあなた方の呼びかけに応じられます。」

 「私たちと繋がって下さい。」

「それは、あなた方がこれまで行ってきた通話の中では最高のときめきを与えることは間違いありません。」

 「ただ、インナーアースへとダイヤルして、私たちを呼び出すだけ。」

「いたってシンプルです。」

(略)

「常にあなた方に応答するのは、あなた方の光の同胞です。」

「あたな方の呼び出しを楽しみにしております。」

 

2017年8月、超久々にテロスのアダマのことを思い出しながら、朝、目覚めました。

そのことをきっかけに、ずっとしまいこんであったインナーアースやホローアース、テロスの本などを取り出してきてパラパラ眺めていると、なかなか、すばらしいメッセージに出会い、その中から抜粋して、ご紹介したくなりました。

今回の本は、日本におけるこうした関連の3冊目の『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス著より

 

「テレパシーは無料です。」

なんとストレートな表現でしょう。

著者のダイアン・ロビンスのことをチャネラーと表現したりもしていますが、本当は、テレパスと表現するのが、ただしいのかもしれません。

「ただ、インナーアースへとダイヤルして、私たちを呼び出すだけ。」

 

先日は、アダマは、あくまでテロスのアダマと、そう表現するのが適切なのかな?とそんな風に感じて、アセンションにフォーカスしているメールマガジンの表現も再送しなおしたのですが、昨夜、このアダマのメッセージに出会い、インナーアースという表現を使っても大丈夫そうなことがわかりました。

ほっと一安心!

先日も感じていたのですが、アダマが個人的に発言をする際には、アダマ自身についてはテロスのアダマとそう表現をし、不特定多数の人々に向けて光のシティーとの連携を深めて欲しいとか、あるいは、光のシティーの人々が地上の人々に大いなる愛と光を贈っているというような意味合いで使うときにはインナーアースと、そう表現することもあるのだろうな〜と、今では、さらにそのような思いが強くなりはじめてきています。

光の諸都市は、テロスだけではありませんし、ホローアースのミコスたちとも連携をしているので、光のシティー全体の総意として、地上のわたしたちに何かのメッセージを伝えたい時には、インナーアースという表現も登場するのだと思います。

 

 

テロスのアダマに心からの感謝の気持ちを込めて♪これが、今回のそもそものきっかけです。

 

テロスのアダマに心からの感謝を込めて

meefa

 

 

関連ページ

久々に本を開いてみるとびっくり!!!すばらしいメッセージが山盛り

『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス

 

この3冊目の日本における翻訳本は、様々なメッセージの合体です。

 

かなり大雑把ですが、だいたいこんな風な感じです。(一部重複あり)

  • 序文 

    サナンダからのメッセージ(2007年3月12日)

  • シャルーラ・ダックスからのメッセージ

    地底都市の秘密について(1993年のカセットテープより)

  • テロスのロザリアからのメッセージ

  • テロスのアダマからのメッセージ

  • ホローアースのミコスからのメッセージ

  • 日本に向けての特別編

    翻訳者のケイ・ミズモリさんが日本に関係した質問をしてくださったことに対しての質疑応答編 (ケイ・ミズモリさんの質問に対して上記の存在たちが答えを寄せてくれています。)

 

3作目の翻訳本は、初版が2009年1月31日

わが家でのテロスや、インナーアース、ホローアースのブームがすでにひと段落していた頃ということもあり、彼だったか、私だったかが本屋さんの店頭でこの本を見つけた際には、うれしい気持ちと、同時に、ちょっとカバーとタイトルの雰囲気に引いてしまったものでした。

もしかすると、わたしのように、地下とか地底とかなどという表現とインパクトの強い表紙を見るとそれだけで、せっかく本棚から本を手にしても、そのまま、中も読まずに再び書店の本棚に本を返してしまうという女性の方々もいらっしゃるのではないかしら?

ホローアースのミコスも、テロスのアダマも、まだ日本ではまったく紹介されていない頃に偶然、原書を取り寄せて親しんでいたこともあって、かつては、もうすこし、やさしい雰囲気で、女の人たちもなじみやすいタイトルや表紙だったら、どんなによかったかな〜と思うことが度々あったものですが。

一方、こういうインパクトがある形で登場することによって、かえって、それに惹かれた読者層の方々が関心を持たれるのでしょうから、どれが良いということもなく、どれもOKなのだと、ようやく、今では、そのように思えるようになりました。

 

2017年8月、超久々にテロスのアダマのことを思い出しながら、朝、目覚めました。

そのことをきっかけに、ずっとしまいこんであったインナーアースやホローアース、テロスの本などを取り出してきてパラパラ眺めていると、なかなか、すばらしいメッセージに出会い、その中から抜粋して、ご紹介したくなりました。

今回の本は、日本におけるこうした関連の3冊目の『ついに実現した地下存在との対話』【アセンションの超秘密】アガルタ・ネットワーク/地底5次元文明との交信記録 徳間書店刊 ダイアン・ロビンス著より

 

不思議なきっかけでこの本を再び手にしてにると、びっくり!!!

久々に 3冊目の翻訳本をパラパラ開いて読んでいると、アダマのメッセージの数々に引き寄せられました。

一応は、かつても読んだ形跡があり付箋もついていたのですが、それも随分前のことで、この本の構成が上記のようになっていたのも今回あらためてそうだったのね!!!

 

貴重なシャルーラ・ダックスのテープ起こしメッセージ!

もしかしたら、最初のシャルーラ・ダックスのテープ起こしの箇所は、かつて、すでに知っていたこともあったので、飛ばしていたかもしれません。

今、改めて読むと、この資料は、とっても貴重なようにも思いました。

わたしたちが、はじめて、シャルーラ・ダックスの存在を知ったのは、確か、アセンションマニュアルの著者のデイビッド・ストーン博士の本だったように記憶しています。

当時は、アセンションと銘打たれている本は、本当にごくわずかで、残念ながら今は手元にないのですが、一時期は膨大な数のデイビッド・ストーン博士の一連のシリーズ本をライトテクノロジーの出版元から取り寄せて、パートナーの彼が興味しんしん読んでいた頃もありました。

今回、この本の第1章と第2章で紹介されている1993年のシャルーラ・ダックスのメッセージは、テロスを理解するための土台としての貴重なる資料のように思えます。

当時、アメリカの人々の中には、地底都市テロスから大使として地上に現れたシャルーラ・ダックスと出会うというすばらしい機会に遭遇した人々が実際にいたのでしょう。

シャルーラ・ダックスは、わたしのおぼろげな記憶では、確か、ボニーという名前で呼ばれて一時期、地球の表面で暮らしていたこともあるようなのです。

そして、そのような時期にシャルーラ・ダックスは、地表の人々に向けて、テロスについて語ってくれていたのです。

まるで、スタートレックそのもののようですよね。

というのも、テロスの人々は、地上のわたしたちよりもっと長身なので、うろ覚えなのですが、何かの方法で地球に混じって生活しても不思議に思われないようにして、一時期、地上に住んでいたようにどこかで読んだことがあったように記憶しています。

このあたりも、スタートレックの世界が、現実に混じってきているような感じで、当時は、子供のようにわくわくしながら、盛り上がりながらインターネットサーフィンをしながら洋書を取り寄せていたものです。

ちょっと脱線してしまいますが、スタートレックシリーズのディープスペースナインだったか、どこかのシリーズで、”ダックス!!!”という美女が登場していたシリーズをご存知の皆様もあることと思います。

このダックスは、ヒューマノイドなのだけれども一風変わった種族の女性という設定でした。

このダックスをDVDで見たとき、わが家では、スタートレックに登場しているこのダックスの命名の元は、きっとテロスのシャルーラ・ダックス由来かもしれないよね!と大いに盛り上がったものでした。

実際、当時の創始者のジーンが健在な頃のスタートレックは、様々なチャネリングに何度も登場しているくらいなのですが、どうやら、当時のスタートレックには、宇宙から、ある種のインスピレーションが与えられていたようでもあるのですから。

うわぁ〜お!

わたしは、パートナーの彼のおかげで、スタートレックの様々なシリーズを知ることができました。

翻訳者の方の前書きによると第1章と第2章で紹介されているシャルーラ・ダックスのメッセージは、チャネラー(テレパス)のダイアン・ロビンスからの要望で掲載されているとのこと。

ありがたや〜ありがたや。

感情のフィルターはなかなか手ごわい!の巻

わたしの中に、冒頭に書いたような妙な感情的抵抗、どうして?、あ〜残念!、もしわたしがミコスやアダマを知らなかったらこの本は手に取ってもすぐに戻してしまっただろうな〜などなど、そのような様々な思いが、きっと、わたしにじっくりと、この本の本当のよさを味わうのにバイアスをかけてしまっていたようにも思います。

感情とは、すごい偉力があるのでしょう。

ほんのすこしでも、感情的な抵抗、ある種のフィルターがかかっていると、本当のことは、なかなか見えなくなってしまうのかもしれません。

今回も、久々に3冊の日本語版を取り出してきて、一挙にカバーを取ってしまって読んでいます。

これは、しばしば、わたしが使っている方法でもあり、カバーをはずすと、また別の世界が登場してくるのです!

カバーはずしの名人!!!かも?

きっと感じやすい系の方々の中に同様の方がいらっしゃるようにも思うのですが、色や文字や雰囲気で、拒絶反応が起きてしまうということがあったりもしますものね。

どうして、今回、あえて、こうした内訳話を公開しようと思ったかというと、自分の体験をも振り返ってみると、きっと同様の傾向をお持ちの方々には、何かの参考になって、ふっと、これらの本を手にしてみようかな〜というきっかけになればうれしいなという思いもあって” 個人的な本にまつわる感情の旅 ” について書こうかなと思いました。

それによって、もしかしたら、それなら、読んでみようかな?と、そう思える方々があればうれしいなと思っています♪

わが家は、彼のおかげで、本当に幅広いジャンルの本が山盛り状態!!!

彼に出会った最初の頃など、もう、タイトルを見るだけでも引いてしまいそうな本があると、箱にしまいこんでしまいたくなったものですが、そうしたパートナーのおかげで、ずいぶん、ラブ&ライトのみに偏った症候群からは、抜け出すことができたように思います。

とはいっても、それぞれに自分好みのテイストがありますものね。

それは、大切なものなので、今でも、そして、これからも、大切にしながら、さらに輝かせていきたいと思っています。

またまた脱線してしまいますが、今回、2017年の夏、しばらくぶりにこの本を紐解きはじめて、貴重な本だと思い先ほどアマゾンで検索してみました。

さっそく注文!!!

内容と中古の価格があまりも、かけ離れていて、驚いてしまったのですが、だからこそ、2冊も購入することができました。

貴重な本は、何冊かストックしたくなるタイプです♪

またいつか、再販されることもあるかもしれませんが、今、この時期に読むと、なかなか味わい深い内容が満載のようにも思えます。

おそらく、この本に関しては、まったく同じ英語の原書がないと思うので、そういった意味においても、日本人向けバージョンとして、貴重な資料のようも思います。

シリーズもので、3冊も翻訳していただけたなんて、本当にありがたいことです。

イメージがちょっと違うなどなど、当初は、本当にびっくりすることもありましたが、今、こうして、読み返してみると、本の随所に、翻訳者の方の思いが感じられて、英語の苦手なわたしは、こんな風に思いっきり、日本語で読めるというそのことに大いに感謝しております。

貴重な資料の出版に携わってくださった皆様、ありがとうございます。

そして、いろいろ個人的な感想を連ねてしまいましたが、どうぞ、お許しください、(ぺこり)

 

2017年夏、アダマのメッセージに感動中♪

昨夜、カバーを外して、アップルグリーン色の本を手にしながら、読み進めていると、わたしは、アダマのメッセージに引き寄せられました。

そして、ぜひ、アダマのメッセージの一部をご紹介したいな〜と心からそう思ったのでした。

というわけで、ほんのすこし、アダマからのメッセージをこれからアップしたいと思っています。

先ほど、2件目のアダマのメッセージをタイプしていたところ、不思議な体験をしたのです。

感動のあまり、突如、涙がぼ〜ぼ〜♪

これまでも、アダマとアクセスしてはいたと思うのですが、これほどまでにダイレクトなエネルギーを感じたことはなかったので、かなり感動的!!!でした。

2017年8月22日、無限の可能性に向けて扉が開かれた今、まさに、アダマのメッセージは、わたしたちの聖なるハートにダイレクトに届くのかもしれません。

一度、マスターと深いつながりの絆ができると、それまでとは、まったく違った風景が登場しはじめます。

そして、先ほどの体験は、わたしに大いなる贈り物を届けてくれました。

アダマに心からの感謝を込めて

meefa

 

いつか、女性の人たちも手に取りやすいそんな装丁で、再販されることをイメージしていたいと思います。

翻訳者の方のご尽力のおかげで、日本向けのメッセージも掲載していただけて、うれしいです。ありがとうございます。

心からの感謝を込めて

お気に入りのところをほんの少しご紹介♪