「日本」タグアーカイブ

2020年2月20日番外編 これから日本はどう舵を取るの?

ウェルカム New Life「聖なる愛&光の祝祭」ライトワーカーletter♪


2020年2月20日 番外編 これから日本はどう舵を取るの?



ウェルカム New Life「聖なる愛&光の祝祭」ライトワーカーletter♪




みなさま、今晩は。


まずは、番外編。


そして、後ほど、ショートメッセージのメインテーマの予定です。


もしかしたら、昨夜から、今朝にかけて、大きな変化があったかも?


これは、昨夜のニュースを聴いていて、まだ確定ができたわけではなさそうですが、突如、エアロゾルが登場したところにあるのですが、

う~~~ん!


わたしがはじめて、このエアロゾルという名称を知ったのは、かつて、PM2.5でダウンしてしまった頃のことでした。


世界の大気汚染マップがあったのですが、その時、はじめてエアロゾルという名称に出会いました。


わたしのかなりアバウトなとらえ方では、これは、PMのような超微細な微粒子をさしているのでは???


当時の理解だと、その頃、中国では、公害がすごくて、その中国の大気汚染が、黄砂に乗って、はるばる日本まで、到来した時でした!!!


黄砂や花粉、大気汚染物質が、相互に乗り合って、わたしたちの日本にもやってきます!


だとすると、今回のウィルスは、そうした超微粒子に相乗りするの???


このあたりは、皆様ご自身で調べてみていただければと思います。



もし、エアロゾルに関連しているとすると、空気の中にある超微粒子にも乗ってしまうの???


いつだったか、どこかのメールマガジンで、お伝えしたのですが、なんと、ラジオの特集によれば、このウィルスはしぶとくて、24時間生きているのだとか。あるいは、それ以上の期間かも???とか。


それゆえに、人混みで着ていた衣服は、家の中では、着替えていた方が良さそう♪


昨日の夜中にも、すごいニュースを聴いてしまいました。


今朝も、朝の9時、および正午でも報道されていましたが、災害派遣医療チーム ディーマットの方からの驚くべき発言があって、かなりびっくり!!!


船の中は、もしかしたら、すごいことになっているのかもしれません。


(中略)




朝の9時のニュースでは、海外のメディアからのシビアな日本に向けての報道がなされていました。


今日の正午のニュースでも報道されていたので、そのあたりは、確認してみていただければと思います。


そういえば、ラジオで、何日か前に船の中の方が検体を取って結果待ちと語っていらっしゃいましたが、ということは、何日かギャップがあり、海外のメディアも、そのあたりを指摘!!!


(中略)



ほんの少ししか情報がないとは言え、昨日は、週刊新潮、今日は、週間文春を購入!


まるで、3.11の頃のように、こうした雑誌では、かつて、感染症の関連施設で仕事をなさっていた方々などに取材をされていて、知っておくと、背景が少しわかりやすくなりそうでもありそうです。




う~ん残念。

最初の頃の国会答弁でも、野党から船の全員を検査できないのか?について、問われていたはずなのに!!!


最初の頃に全国に号令をかけていれば、もっと早く、状況がつかめ、こんなに次から次へという感染をすることはなかったことでしょう。


今日、読んでいた雑誌では、すべての部屋にトイレがあるというわけではなさそうで、共有のトイレも感染の温床になっていたのでは???という指摘もされています。



日本がどう舵を取るのか!


今や、世界が日本の動向を注目しています!!!



後ほど、本編をお贈りしたいと思います。


ここまで書いて、ちょこっと検索をしていたら、どうやら、ネットの中では、すでに

「神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎氏が2020年2月18日、
新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の集団感染が広がるクルーズ船
「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船したとして、
「中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました」などと
船内の感染対策のずさんさを動画を通じて指摘し、衝撃が広がっている。
という記事を発見!
https://www.j-cast.com/2020/02/19380083.html?p=all


ということは昨夜、わたしが聴いたニュースは、1日遅れの報道だったの???



さらには、Youtubeでクルーズ船の内部告発をした岩田健太郎医師。
その時の当事者がコメントを発表というこんな記事も発見!!!

(この記事の間に登場している映像は記事とはまた別のもののようです。)
まずは文章のみどうぞ。

https://note.com/hoshi19/n/n4178b8291f5b




東京新聞2020年2月20日 夕刊
新型肺炎 船内管理批判の動画削除 神戸大教授「迷惑かけおわび」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020022002000258.html


ということは、わたしが昨夜、聴いた夜遅くのNHKのラジオニュースは、
ギリギリのところで報道しないわけにはいかなかったニュースだったのかもしれません。


(中略)




重い話題ですが、目をそらしていることはできないですよね。

 

 

続編

2020年2月20日 本編 今、最も大切なこと♪ はこちらにアップしております。
よろしければ、ぜひ、どうぞ♪

 

日本が今、試練中!

 

わたしたち1人1人ができることに心を込めてフォーカスしましょう♪

 



~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~
 

~☆エンジェリックハーモニー☆~
http://angelicharmonylight.com


~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆~

Copyright 2020 Angelic Harmony Light All Rights Reserved.



追伸

岩田教授が訴えた「日本版CDC」の必要性 専門家が「科学的意思決定」できる組織を

 

「クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内部の様子を伝える動画を公開した岩田健太郎・神戸大教授が2020年2月20日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で記者会見を開いた。動画は20日未明に削除されている。その経緯を説明したほか、専門家が意思決定できる米国の疾病対策センター(CDC)のような組織の必要性を訴えた。」

Jcastニュース2020/2/20 18:49より

すごく参考になることと思います。

2020年春分に向けて

★ 光 ★

★ 上昇 ★

★ 2020年 ★

★ AHAU AHAU ★

 

アネモネ anemone 2020年2月号

注目!スピリチュアル・カウンセラー並木良和さん

「すべてとつながり、すべてと調和したワンネスは、自分とつながることでしか成し得ないんですね。」

「日本は、このワンネスの大調和のエネルギーを世界に発信し、真の平和をもたらす役目があります。」

「‥世界のひな型として、真実の情報やエネルギーの発信ポイントとして創られ、世界に先立ち、アセンションが始動する国なんです。」

「‥現在の日本には、賢者の魂が38%も集まっています。」

「それもアセンションを先導するためです。」

「すべては最善のために起こっていることを知り、いまこそジャッジを手放しましょう。そうすれば意識が反転します。」by 並木良和さん

 

並木良和さん著書いろいろ

『ほら起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ』2015年2月25日 風雲舎刊

『みんな誰もが神様だった』平成30年10月20日 青林堂刊

『目醒めへのパスポート』2018年12月25日 bio ビオ・マガジン刊

 

並木良和さん対談本

『失われた日本人と人類の記憶』矢作直樹・並木良和 令和元年11月8日 青林堂刊

『分離から統合へ』並木良和・天外伺朗 2019年11月22日 ナチュラルスピリット刊

 

 

大いなる光と共に心からの愛を込めて

 

ジョイフルアセンションガイド☆み~ファ♪

 

AHAU AHAU

明けましておめでとうございます♪

わたしの大好きなマヤン・オラクルで20というと、アセンションを象徴するAHAU!

今年、2020年は、アハウアハウ!!!

本当に長きに渡ってお疲れ様でしたと、そう労いたくなるほど、ここまでの道のりが大変でしたよね。

皆様の中には、1987年のハーモニックコンバージェンスの頃には、まだ、地球に生まれていなかったというそのような若き方々も存在しているかもしれませんが、本当にここまでお疲れ様でした♪

2012年の象徴的な日の前年には、日本は、あの未曾有の出来事があり、アセンションなどというフレーズが霞んでしまうほどだったようにも思います。

バシャールなどからも、何度も、そろそろ乗り換えが難しくなりはじめますよ風なメッセージが発信されつつつも、まだ大丈夫とばかりに、ここまで来たような感じさえしますが。

今をときめくスピリチュアル・カウンセラーの並木さん曰く、今年2020年の春分には、目醒めのゲートが閉まりはじめるそうな。

一昨日、アネモネの2020年2月号が到着し、今年の最初のまるごと愛して喜びアセンションでは、ぜひ、並木良和さんに光をあてたいと思いました!!!

わたしが、並木さんの著書と出会ったのは、ドラゴンを探求して、アネモネのバックナンバーを購入したことがきっかけでした。

これだけ、地球の変容のプロセスに加速がついてくると、雑誌という媒体だからこその魅力が益々引き立つようにも思います。

わたしは、20世紀の後半、都内で総合職のOLをしているその頃、浜松町のとある小さな本屋さんでanemoneに出会ったのが人生、最初のアネモネの雑誌との出会いだったように記憶しています。

かつて、原宿のアコスタディオというところで、ヴァイブレーショナルコンサートと銘打って、ささやかなるスピリチュアルイベントを開催する際には、アネモネさんに広告を出させていただいたものです。

それから、しばらくは、内的フォーカスへ方向がシフトしていて、なかなか雑誌との出会いがないままの時期が長くありましたが、アネモネさんとの再びの邂逅の中で、かかすことのできない出会いは、なんと言っても、並木さんの記事との出会いだったようにも思います。

今、パソコンの傍には、ざっと数えて20冊以上のanemoneの雑誌が積まれています。

2020年の春分に向けて、まだの皆様は、ぜひ、2020年2月号のanemoneをこのタイミングにお読みになってみてはと、ぜひ、ご紹介をしたくなりました♪

 

アネモネ anemone 2020年2月号 by 並木良和さんメッセージ

注目!スピリチュアル・カウンセラー並木良和さん

「すべてとつながり、すべてと調和したワンネスは、自分とつながることでしか成し得ないんですね。」

「日本は、このワンネスの大調和のエネルギーを世界に発信し、真の平和をもたらす役目があります。」

「‥世界のひな型として、真実の情報やエネルギーの発信ポイントとして創られ、世界に先立ち、アセンションが始動する国なんです。」

「‥現在の日本には、賢者の魂が38%も集まっています。」

「それもアセンションを先導するためです。」

「すべては最善のために起こっていることを知り、いまこそジャッジを手放しましょう。そうすれば意識が反転します。」by 並木良和さん

 

並木良和さん著書いろいろ

『ほら起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ』2015年2月25日 風雲舎刊

『みんな誰もが神様だった』平成30年10月20日 青林堂刊

『目醒めへのパスポート』2018年12月25日 bio ビオ・マガジン刊

 

並木良和さん対談本

『失われた日本人と人類の記憶』矢作直樹・並木良和 令和元年11月8日 青林堂刊

『分離から統合へ』並木良和・天外伺朗 2019年11月22日 ナチュラルスピリット刊

 

並木さんの解説は、本当にわかりやすいです!!!

インターネット上では、anemoneさんの並木さんインタビュー映像なども見つかることと思います。

 

「2020年1月の扉おめでとう♪」

わたしの近況は、エンジェリックハーモニーライトのHPをご覧いただければと思います。

今朝も、瞑想の際に、ふと感じたことがあります。

「2020年1月の扉おめでとう♪」

わたしたちが待ちに待った、恋い焦がれてきた新しい時代が、いよいよ、目の前に登場しようとしているのだな~と。

なんだか、ちょっと感慨深げです。

今、わたしは、ほとんど、クリスタルさんたちの中で暮らしている感じです。

瞑想を味わい、クリスタルさんたちとハートからのコミュニュケーションする毎日です。

わたしたちには、それぞれ、今回の人生のかかすことのできない重要なテーマがあるようにも思います。

わたしの場合は、ぐる~~~っとまわって、再び、大好きなミネラルキングダムのお友達との交流こそが、今回のこの人生での超重要なテーマであることに光があたってきています。

このような重要な時期だからこそ、どうぞ、今、ここにあらずのような曖昧な生き方ではなく、どのような瞬間においても、意識をしっかりフォーカスしながら、今この瞬間を存分に体験しつくしていただきたく思います。

世界では、火山の噴火あり、今朝も地震があったりなどなど、まさに揺れ動きがありますが、そのような時期だからこそ、自分自身の中心にしっかり居ることに対して、超意識的でいたいものです。

そして、いついかなる時であっても、宇宙からの光のシャワーを浴びながら、聖なるハートとともにいましょうね。

2020年、わたしたち惑星地球が、喜びの光とともにシフトし続けられますように♪

and so it is

皆様との出会いに心からの感謝を込めて

 

meefa プルメリアーナ 都

 

追伸

なんと、並木良和さんの本がまだありました。

よかったら、こちらよりどうぞ♪

エンジェリックハーモニーライトの2020年1月23日号にワープ♪